Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヤード用語集は、みんなで作る用語集です。 用語の編集、登録にご協力をお願いします。
また、各単語へのリンクも歓迎です。各所でご利用ください。 ガイドライン

全日本女子プロツアー

読み
ぜんにほんじょしぷろつあー
分類
試合大会名等
索引
[ せ ]

【意味】JPBA主催の女子の公式戦のひとつ。グレードG2アマチュアエントリーは開催県(または近県)に在住、所属、勤務といった条件が設けられるのが一般的。

以前は東日本女子プロツアー西日本女子プロツアーと分かれて開催され、後に『東西合同』(1993年に東西ツアーの第8戦を兼ねる形で第1回を開催。以降、年末の恒例試合となり、2000年頃までこの呼称を使用)という形で東西統一のツアーがスタートした。こうして3つのツアーが開催された期間も短くなかったが、ランキングの公平性と過密なスケジュールを見直す意味で、2007年にこのツアー1本に絞られた。

フォーマットは予選のダブルイリミネーションが6ゲーム先取、決勝のシングルイリミネーションが7ゲーム先取となっている。(2014年現在) ※2015年第2戦時点、予選・決勝ともに7先

【参考】歴代優勝者(カッコ内は準優勝者)

2017年
第1戦(東京) 中島美秀 (光岡純子
第2戦(京都) 曽根恭子 (梶谷景美

2016年
第1戦(京都) 久保田知子 (曽根恭子
第2戦(埼玉) 梶谷景美 (藤田知枝
第3戦(富山) 藤田知枝 (梶谷景美

2015年
第1戦(京都) 青木絵美 (光岡純子
第2戦(京都) 河原千尋 (梶谷景美

2014年
第1戦(富山) 河原千尋 (工藤孝代
第2戦(埼玉) 河原千尋 (栗林美幸
第3戦(神奈川) 河原千尋 (栗林美幸

2013年
第1戦(埼玉) 梶谷景美 (曽根恭子

2012年
第1戦(埼玉) 曽根恭子 (池田真希
第2戦(静岡) 木村真紀 (梶谷景美

2011年
第1戦(大阪) 河原千尋 (梶谷景美
第2戦(富山) 大井由希子 (木村真紀
第3戦(京都) 河原千尋 (梶谷景美

2010年
第1戦(京都) 大井由希子 (河原千尋
第2戦(大阪) 久保田知子アマ (梶谷景美
第3戦(富山) 福家美幸 (光岡純子

2009年
第1戦(沖縄) 夕川景子 (福家美幸
第2戦(富山) 夕川景子 (福家美幸
第3戦(埼玉) 大井由希子 (光岡純子
第4戦(京都) 大谷晃央 (夕川景子
第5戦(富山) 梶谷景美 (河原千尋
第6戦(大阪) 梶谷景美 (河原千尋

2008年
第1戦(埼玉) 夕川景子 (河原千尋
第2戦(富山) 河原千尋 (高木まき子
第3戦(東京) 夕川景子 (梶谷景美
第4戦(富山) 浜西由希子 (井上直美
第5戦(大阪) 福家美幸 (井上直美

2007年
第1戦(大阪) 河原千尋 (浜西由希子
第2戦(埼玉) 浜西由希子 (福家美幸
第3戦(石川) 高木まき子 (河原千尋
第4戦(大阪) 梶谷景美 (浜西由希子
第5戦(大阪) 梶谷景美 (福家美幸
第6戦(新潟) 夕川景子 (福家美幸

2006年
第1戦(埼玉) 山内公子 (光岡純子
第2戦(埼玉) 夕川景子 (福家美幸
第3戦(大阪) 井上直美 (梶谷景美

2005年
第1戦(福島) 夕川景子 (宗田三佳
第2戦(大阪) 高木まき子 (黒田香織
第3戦(大阪) 梶谷景美 (夕川景子

2004年
第1戦(大阪) 曽根恭子 (三浦陽子
第2戦(福島) 浜西由希子 (曽根恭子

2003年
第1戦(静岡) 大谷晃央 (梶谷景美
第2戦(大阪) 曽根恭子 (夕川景子
第3戦(福島) 高木まき子 (浜西由希子
第4戦(大阪) 浜西由希子 (山内公子

2002年
第1戦(千葉) 後藤律子 (高木まき子
第2戦(大阪) 宗田三佳 (吉田由佳)
第3戦(福井) 夕川景子 (宗田三佳

2001年
第1戦(静岡) 浜西由希子 (三浦陽子
第2戦(千葉) 梶谷景美 (高木まき子

2000年
第1戦 久保田光実 (坂田夕紀
第2戦 高木まき子 (原田美恵子

1999年(愛知) 梶谷景美 (山内公子

1998年(愛知) 高木まき子 (関川輝子

1997年(愛知) 高木まき子 (宗田三佳

1996年(愛知) 梶谷景美 (原田美恵子

1995年(愛知) 原田美恵子 (上村洋子)

1994年(愛知) 原田美恵子 (上村洋子)

1993年(愛知) 原田美恵子 (梶谷景美




最終更新日: 2017-06-05 11:03:32 閲覧件数: 56,537  

用語集

  • 総登録数 : 975

編集者トップ10

最終更新日

    2017-10-20 17:23:44

おすすめ記事