ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

怖くないんです

 2017年も残すところ1ヵ月となりました。

ビリヤードファンの方であれば、入れ残した球、当て残した球、色々と忘れる(忘年会)の準備も進んでおられるかと存じます(笑)。

さて、週刊タカタ写撞部は今回で8人目の写真家を迎えてお届けします。

おそらく過去最長の文章を添えて。

内容は読んでのお楽しみ。

それでは【MGN写撞部】をどうぞ!


【怖くないんです】

「タカタ写撞部」をご覧のみなさん、初めまして!
JPBA のメガネプロこと野内麻聖美でーす!
カメラも持っていないくせに、ちゃっかり「タカタ写撞部」に入部しちゃいました(笑)。
タカタ部長に「道具や技術は関係ない」と励まされ、携帯で撮影して来ました。
えへ。道具も技術もない分、「被写体」と「前代未聞の文章量」で勝負したいと思いまーす(笑)。
 
写真はスリークッションの西本優子プロ。
世界選手権準優勝2回の実力者です。
同じプロと言ってもポケットとスリーでは接点がないのですが、西本プロは以前チャレマでお邪魔したお店の専属という事で、お会いする機会に恵まれました。
礼儀正しく、でもユーモアもある西本プロ。
すぐにファンになりました。
その場でナンパし(笑)、後日二人で食事に。
私はスリーについてはルールもよく分からないド素人ですが、西本プロに色々と教えて頂き、一気に興味が湧きました。
 
その後も親交を深め、お互いの試合を観に行きたいと思いつつも、なかなかタイミングが合わなかったのですが、先日ついにスリー観戦デビューを果たしました!
東京で行われたWomen's Three Cushion (W3C)ツアー第3戦です。
W3Cとは女子プロが中心となり、女子スリークッションの普及&レベルアップを目的とする会で、「For the Queen cup」と銘打ち、W3Cツアーを今年3回開催。最終戦となる第4戦は、その他の試合を含めたランキング上位7人のみが参戦出来るというものです。
 
話はちと変わって、わたくしメガネプロのブランド「MGN CLAND」をご存知でしょうか?
もちろんご存知ですよね?
ねえ、ご存知?
ってか知ってるって言って(笑)。
Tシャツをはじめ、ポロシャツやパーカーなどの期間限定商品も販売しているのですが「んな事知らんかったわ」という方は、今後最新情報をメガネfacebookページでチェックして下さいませませ。
 
おっととと。話を戻して。
先日、西本プロの応援に行った時にそのメガネポロシャツを着て行ったのですが、なんと西本プロもメガネポロシャツを着て出場して下さいました♪
こりゃ更に応援に熱が入るわいなーー!! 当てろ当てろーー(笑)!!
 
西本プロには事前に、この日に「タカタ写撞部」用の写真を撮らせて頂く事は了承を得ていました。
当然試合の邪魔だけは絶対に避けたいので、表彰式終了後にお願いしますとお伝えしていました。
でも試合の進行が想像以上に遅くなり、表彰式後すぐに打ち上げ会場に移動するという事で、とても撮影する時間はなさそうな雰囲気に。
 
惜しくも準決勝で敗退した西本プロに試合のお話などを聞かせて頂いた後、「表彰式後に撮影する時間ないですよね?」と確認したところ「そうですね。全く時間が取れないと思います。すいません」と言われました。
なので遠慮しながらも「出来れば、今行われているもう一つの準決勝が終わって決勝が始まるまでの間に撮らせて頂けませんか?」とお願いしたところ「そこが唯一のチャンスですね!もちろん大丈夫ですよ!」とOKを頂きました。
 
写真のテーマは「構えている時の真剣な表情とは真逆の、とびきりの笑顔」とお伝えしてあったので、準決勝で敗退した直後にお願いするのは正直気が引けたのですが、嫌な顔一つせず快諾して下さり、本当にありがたかったです。
私も「どんなに悔しい負け方をしても、カメラを向けられたら笑顔で」というポリシーがあるのですが、私のリクエストに応えようと「笑わせて下さい(笑)」と笑顔の西本プロを見て、やはりさすがだなと思いました。
 
撮影時間がほんの1、2分しかなかったので、二人でかなり焦りながらの撮影でしたが、西本プロのお陰で良い笑顔が撮れたと思います♪
仕事として撮る、撮られる、だけの間柄では、ここまでの笑顔が生まれる事は絶対になかったと思います。
そう考えるとやはり「道具や技術は関係ない」という事になりますね。
でもどうせなら私もカッチョいいカメラで撮りたかったわ〜(笑)。
 
なぜ今回のテーマを選んだかというと、まず雑誌やウェブ等に載る場合、どうしても構えている写真が多いという事。そして私達女子プロが構えている時の真剣な表情が怖いと思われる方も多いので、普段はこんなにステキな笑顔なんですってばというアピールでもあります(笑)。
ただ私は芸人キャラなので(笑)、試合会場でファンの方に「試合の時は意外と真剣なんですね」と真顔で言われた事がありますが(笑)。
 
さてさて。かなりの長文ですが、みなさんお元気ですか(笑)??
恐らくスリー未経験の方も多いと思いますが、ポケットとはまた違う魅力がありますので、是非12月16日に東京の「GLANZ」で開催されるW3C最終戦をご観戦下さい♪
あと気が向いたら、来シーズンの私の応援もよろしくお願いしまーす(笑)!
 
怖くないんです Photo data
撮影日 : 2017年11月4日
撮影場所 : ビリヤードNIKKA(東京都品川区) ※Women's Three Cushion Tour vol.3
モデル : 西本優子プロ(JPBF)
撮影者 : 野内麻聖美(JPBA)



  • 2017年11月30日(木) 12:03 by タカタ写撞部

おすすめ記事