必見☆ビリヤードのマナーやコツを覚える短いドラマ【ちょんまげテッちゃん インデックス。】
テッちゃんもビリヤードのマナーを覚えてイケメンに大変身!

プロ名鑑 ビリヤードウォーカー ビリヲカ

栗林美幸 Miyuki KURIBAYASHIIn English

© Akira TAKATA

栗林美幸
JAPAN

JPN

JPBA
ビリヲカレーティング(2019-10-20)
  • 1,831
    RATING
  • 16
    RANK
  • 1,862

    2019-09-14

    MAX
勝敗(公式戦のみ)
  • 413
    WIN
  • 183
    LOSE

JPBA Rank
  • 2

    2019-09-30

    RANK
WPA Rank
  • 29

    2019-09-08

    RANK
Sponsor

Profile

福家でもタイトル、栗林でもタイトル。そして母になってもタイトル。「私失敗しないので」国内女子ポケット界の『ドクターX』。
2008年には年間6勝を挙げる活躍で日本一に。
2010年10月13日に栗林達(JPBA)と入籍。2011年終盤から2013年夏まで出産育児のため休会。復帰した2013年シーズンに登録名を福家美幸→栗林美幸と改めた。
本格復帰を果たした2014年は早々にオープン戦で2勝を挙げるなど旋風を巻き起こした。
栗林美幸は2019年8月の女子ツアーで公式戦通算30勝を達成。

個人成績*本選以降の結果を基にしています。
すべて 2019 2018
勝数 426 47 48
負数 189 8 14
勝率 0.6927 0.8545 0.7742
ヒルヒル勝率 0.5102(50/98) 0.6000(3/5) 0.7500(6/8)
最も勝っている相手 vs 夕川景子(18) vs 青木知枝(3) vs 新保まり子(5)
最も負けている相手 vs 河原千尋(18) vs 平口結貴(4) vs 府川真理(2)
から過去10年間のJPBAランキング2018年最終ランキング

栗林美幸 主なタイトル

2019年 関西ナインボールオープン・優勝、CPBAクイーンズオープン・優勝、全日本女子プロツアー第3戦・優勝

2018年 大阪クイーンズオープン・優勝、全日本女子プロツアー第4戦・優勝、九州レディースオープン・優勝(大会初3連覇)

2017年 関西ナインボールオープン・優勝、九州レディースオープン・優勝、全日本選手権・準優勝(日本人最高位) 日本ランキング3位

2016年 ジャパンオープン・優勝、東海ナインボールグランプリ・優勝(大会2連覇)、九州レディースオープン・優勝 日本ランキング2位

2015年 東海ナインボールグランプリ・優勝、北陸オープン・優勝(公式戦2連勝)

2014年 関西ナインボールオープン・優勝、大阪クイーンズオープン・優勝

2011年 東海ナインボールグランプリ・優勝

2010年 全日本女子プロツアー第3戦・優勝、九州レディースオープン・優勝、日本ランキング4位

2009年 関西レディースナインボールオープン・優勝(3連覇)、全日本女子ナインボールオープン・優勝(2連覇)、オータムクイーンズオープン・優勝(2連覇)、インドアゲームズ・日本代表・4位、東アジア競技大会・日本代表、日本ランキング・2位

2008年 関西レディースナインボールオープン・優勝(2連覇)、第21回ジャパンオープン・優勝(2連覇)、全日本女子ナインボールオープン・優勝、全日本女子プロツアー第5戦・優勝、北陸オープン・優勝、オータムクイーンズオープン・優勝、日本ランキング1位、キューズアウォードMVP

2007年 関西レディースナインボールオープン・優勝、第20回ジャパンオープン・優勝

2006年 ドーハアジア競技大会(カタール)日本代表

2005年 西日本女子プロツアー第4戦・優勝、第18回ジャパンオープン・準優勝

2004年 ジャパンオープン・3位タイ(日本人最高位タイ)

2003年 関西レディースナインボールオープン・準優勝、キューズアウォード・新人王

福家美幸 Miyuki Fuke

おすすめ記事