祝☆本格ビリヤード漫画『ミドリノバショ』連載決定!
連載への経緯や詳細は【コチラ】(Billiards Days)

プロ名鑑 ビリヤードウォーカー ビリヲカ

河原千尋 Chihiro KAWAHARAIn English

© Akira TAKATA

河原千尋
JAPAN

JPN

JPBA
ビリヲカレーティング(2019-11-24)
  • 1,874
    RATING
  • 8
    RANK
  • 1,886

    2018-11-24

    MAX
勝敗(公式戦のみ)
  • 501
    WIN
  • 188
    LOSE

JPBA Rank
  • 1

    2019-11-30

    RANK
WPA Rank
  • 24

    2019-09-08

    RANK
Sponsor

Profile

日本女子ポケット界不動のエース。美しく安定感抜群のフォームから繰り出すまっすぐなストロークを武器に世界獲りを狙う『クールガール』。 アジア10ボール、インドアゲームズ、アジア選手権、東アジア大会でメダルを獲得している。
2014年にはアムウェイカップで5位につけ、その後に単身台湾修行を敢行。この年に全日本女子プロツアーで3戦3勝をマークするなど、突き抜けた強さを見せつけ、世界タイトル獲得に一段と期待が寄せられる状況にある。
2016年のアムウェイでは3位、全日本選手権女子ナインボール世界選手権で続けて準優勝の成績を残してWPA世界ランキング6位につけた。2010、2011、2013-2018日本ランキング1位。河原千尋は日本の絶対エースの座を確立して世界獲りに挑む。
2019年7月現在、国内公式戦通算34勝。

個人成績*本選以降の結果を基にしています。
すべて 2019 2018
勝数 525 60 75
負数 204 17 16
勝率 0.7202 0.7792 0.8242
ヒルヒル勝率 0.5474(52/95) 0.5714(8/14) 0.8333(5/6)
最も勝っている相手 vs 曽根恭子(21) vs 山内公子(6) vs 高橋有美子(5)
最も負けている相手 vs 栗林美幸(16) vs 青木知枝(2) vs アリソン・フィッシャー(2)
から過去10年間のJPBAランキング2018年最終ランキング

河原千尋 主なタイトル

2019年 関東レディースオープン・優勝、大阪クイーンズオープン・優勝、東海レディースグランプリ・優勝、九州レディースオープン・優勝、北陸オープン・優勝

2018年 関西オープン・優勝、全日本女子プロツアー第2戦・優勝、同第3戦・優勝、チャイナオープン・5位タイ(日本人最高位)、北陸オープン・優勝

2017年 関東レディースオープン・優勝 日本ランキング1位

2016年 関西ナインボールオープン・優勝、大阪クイーンズオープン・優勝、アムウェイ女子ワールドオープン・3位タイ(日本人最高位・自身大会最高位)、チャイナオープン・9位タイ(日本人最高位)、全日本選手権・準優勝(日本人最高位)、女子ナインボール世界選手権・準優勝(日本人最高位) 日本ランキング1位 キュークラブアワード・受賞

2015年 関西ナインボールオープン・優勝、大阪クイーンズオープン・優勝、アムウェイ女子ワールドオープン・9位タイ(日本人最高位)、ジャパンオープン・優勝、女子ナインボール世界選手権・4位(日本人最高位)、全日本選手権・準優勝(日本人最高位)、全日本女子プロツアー第2戦・優勝 日本ランキング1位 キュークラブアワード・ベストファイター賞

2014年 アムウェイ女子ワールドオープン・5位タイ(日本人最高位)、全日本女子プロツアー第1戦・優勝、同第2戦・優勝、同第3戦優勝(全日本女子プロツアー史上初の3連勝!)、関東レディースオープン・優勝、全日本選手権・3位タイ(日本人最高位) 日本ランキング1位

2013年 アジアインドアマーシャルアーツゲームズ(韓国・仁川)・日本代表・テンボール銀メダル、ジャパンオープン・優勝、東海ナインボールグランプリ・優勝(大会2連覇)、女子ナインボール世界選手権・9位タイ(日本人最高位)、全日本選手権・準優勝、日本ランキング1位

2012年 全日本女子ナインボールオープン・優勝(大会3連覇)、関西ナインボールオープン・優勝(大会2連覇)、ジャパンオープン・準優勝、世界チーム戦日本代表・準優勝、東海ナインボールグランプリ・優勝、日本ランキング2位

2011年 関西ナインボールオープン・優勝、全日本女子ナインボールオープン・優勝(大会2連覇・開幕2連勝)、全日本女子プロツアー第1戦・優勝(開幕3連勝)、ジャパンオープン・準優勝(日本人最高位)、女子ナインボール世界選手権・9位タイ(日本人最高位)、全日本女子プロツアー第3戦・優勝、日本ランキング1位

2010年 ジャパンオープン・3位タイ(日本人最高位)、全日本女子ナインボールオープン・優勝、セントラルレディースオープン・優勝、全日本選手権・3位タイ、日本ランキング1位

2009年 アジア選手権・3位タイ(日本人最高位)、北陸オープン・優勝、インドアゲームズ(ベトナム・ハノイ)・日本代表・エイトボール銀メダル、東アジア競技大会・日本代表・銀メダル、日本ランキング4位

2008年 全日本女子プロツアー第2戦・優勝、東海ナインボールグランプリ・優勝、アジアン10ボールチャンピオンシップ(女子の部)・優勝、全日本選手権・3位タイ(日本人最高位) 日本ランキング2位

2007年 全日本女子プロツアー第1戦・優勝、ジャパンオープン・準優勝、全日本女子プロツアー第3戦・準優勝、インドアゲームズ(マカオ)・日本代表・エイトボール銅メダル、日本ランキング5位

2006年 オータムクイーンズオープン・準優勝

2005年 セントラルレディースオープン・優勝、西日本女子プロツアー第5戦(エイトボール)・優勝、キューズアウォード・新人王

 

アマチュア時代

全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会・女子級を15歳、史上最年少で制覇。4年後に2度目の優勝。

全日本女子ナインボールオープンで2年連続入賞・ベストアマ獲得

他多数

河原千尋 Chihiro Kawahara Japan

河原千尋 Chihiro Kawahara

おすすめ記事