【ビリヤード場ガイド】では営業自粛等の期間限定休業については情報を示しておりません。
訪れる際は各店舗様へご確認いただきますようお願いいたします。ビリヲカ事務局

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

でもわかる

【でもわかる】Photo & Text by Akira TAKATA

昨晩にサーバートラブルがありましたが、しれーっと回復していました。

奇しくも「サーバーはもう古い」的な話が国会で出たとか出ないとかで、個人的には少しタイムリーな小事故でした。

不具合は短い時間で、しかも完全なダウンでなかったので、気づかなかった方が大多数かと思います。

その間にビリヲカを訪ねてもらって「見られなかった!」という方にはお詫び申し上げますとともに、ある意味「引き強いです」とお伝えしたいです。何の引きかよくわかりませんが・・・。

 

今日の写真は今年2月に行われた西日本グランプリ第1戦から。

この時は史上初の『オールランダムラック』のテンボールで開催されました。

1番と10番も含めたすべてのボールをランダムに配置してラック。

なので、プレイヤーであれば違和感しかない写真です。

ここで問題です。

「どの方向からブレイクをするでしょう?」

これの正解が出せる人は、ビリヤードのマニア度9以上(10段階)だと思います。

ヒントはラックシート

これ、普通だと何の話だかさえわかりませんが、ビリヤードマニアにすれば「確かにね」、「でもわかる」んです。

※答えは最下段に

 

自粛休憩から続々と球復帰されているようです。

湿度の高い季節なのでいろいろと難易度が上がっていますが、そんなことより、まずは撞ける幸せをかみしめるところから。

ちなみに『スキッド』は季語ですよね。この時期の。

ではまた次回にお会いいたしましょう!

 

でもわかる Photo Data

撮影日:2020年2月16日

撮影場所:ビリヤード&ダーツカフェ R.T.B(愛知県犬山市)

モデル:ボール(アラミス社 デュラミス)

撮影者:タカタアキラ

 

【クイズの答え】

正解は左上でした。つまり2番が先頭ということになります。

右下に出ているラックシート(マルチラックシート系)の形からこの面(5・7・8・9番)が後方であることがわかり、先頭の2番に当てる位置がヘッドゾーンであると推察することができます。

 




  • 2020年6月12日(金) 23:44 by タカタ写撞部

おすすめ記事