【ビリヤードガール】(記事へリンク)8/12に本格ビリヤードヒロイン漫画の単行本1巻が発売されました☆

2020 ビリヤード・ロサ戦 エントリー受付中
https://billi-walker.jp/jpba/grandprixeast/2020-rosa

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

十年一昔9 プロ入り3年目

【十年一昔9 プロ入り3年目】Photo & Text by Akira TAKATA

唐突ですが、日本の都道府県の中でもっとも面積が狭いのは香川県です。

香川県はうどんの生産量・消費量ともに日本一という自他ともに認める『うどん県』として知られています。

 

そんな香川県はビリヤードの強豪選手を多く生み出してきた県でもあります。

2008年ジャパンオープン準優勝、2011年日本ランキング3位という足跡を残す青木亮二プロ。

その青木プロが「讃岐が生んだ奇跡」と称する栗林美幸プロ。

栗林プロは2008年日本ランキング1位、プロ公式戦30勝という華やかな戦績を持ち、今なお日本ランキング1位の座を競り合う位置で戦い続けています。

 

そしてもう一人。

土方隼斗プロの同級生にして、2003年全日本ジュニアナインボール選手権大会覇者、2005年には全日本都道府県対抗ポケットビリヤード選手権大会において香川県チームの初優勝に貢献。

『パーフェクト・ストローカー』の異名を持つ飯間智也プロ。

写真は今からちょうど10年前に、飯間プロの地元・香川県で開催された四国ナインボールフェスティバルでの一枚。

10年前ですからプロ入り3年目で21歳の時ですが、いかにも球を入れそうな雰囲気を醸し出していますね。

ちなみにこの年の日本ランキングは7位でした。

 

そして飯間プロは1度の引退を経て2017年にプロ復帰。

現在はトーナメントプレイヤーとして活躍を続ける傍ら、大阪市内で『ビリヤード・フィットネスジム・アミー』でレッスンを行ったり、YouTubeチャンネル(amiima TV)でも精力的にビリヤード情報を発信されています。

ユニークな企画モノもかなり面白いですが、トッププロがストレートに語る技術論は、参考になること多数。

ご覧になられていない方、一見の価値アリです。

 

さて、今回の『十年一昔』で紹介した写真。

「今とあんまり変わらへんやん!?」

と思ったのは私だけでしょうか?

 

十年一昔9 プロ入り3年目 Photo Data

撮影日:2010年6月20日

撮影場所:ビリヤードだっく(香川県琴平町)

モデル:飯間智也プロ(JPBA)

撮影者:タカタアキラ




  • 2020年6月18日(木) 23:36 by タカタ写撞部

おすすめ記事