ビリヲカでもっとも見られているのはビリヤード場ガイド
皆さまから寄せられる情報で鮮度を保っています。

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

ランダムラック

読み
らんだむらっく
分類
ルール等
索引
[ ら ]

【英】Random Rack:ランダムラック

【意味】(主に)ナインボールラック時におけるボールの並べ方(1番と9番を除く)を、任意(作為的)でなく非意図的(偶発的)なものにすることを定めるルール

国内ではJPBAが2019年の関西ナインボールオープン 関西オープンの要項で初めて採用の旨が通達された。(違反した場合の罰則等は示されず)その後にJAPAから(同会が主催・主管する大会において)「現段階では不採用」のアナウンスが出された。

当時はセルフラックラックシートを用いる形式が主流である中、『先頭に1番、中央に9番、最後列に2番』のみ(これに加えてスリーポイントルールを採用する試合は存在)が定められているのが一般的。これをパターンラックと呼ばれる固定の配列によって、ブレイク後に似た配置を作り出すケースが増えていたことへの対策であった(と推察される)。

参考までに同時期のWPAルールでは『先頭に1番、中央に9番』が定められ、『 The other balls will be placed in the diamond without purposeful or intentional pattern.(その他のボールは、ラックの中で、「故意的な配列ないし意図的な配列」以外で配置される)」と、「故意的な配置」と「意図的な配置」を禁じていた。

【参考】JPBA:関西オープン要項

JAPA:球聖戦・女流球聖戦に、参加される選手の皆様へ

ビリヤードデイズ関連記事・・・「ランダムラック」と「ワッペン」




最終更新日: 2019-01-09 16:41:43 閲覧件数: 59  


おすすめ記事