祝☆本格ビリヤード漫画『ミドリノバショ』連載スタート!
連載への経緯や詳細は【コチラ】(Billiards Days)

2020 Grand Prix East 第1戦【公式】 エントリー受付中
https://billi-walker.jp/jpba/grandprixeast/2020-1st

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

カーボンシャフト

読み
かーぼんしゃふと
分類
用具
索引
[ か ]

【英】carbon shaft:カーボンシャフト

【意味】カーボンファイバー(炭素繊維)素材を用いたシャフト。黒色が特徴。ハイテクシャフトのカテゴリに含まれる。

古くからカーボン(もしくは類似の素材)を用いたキューは存在していたが、競技レベルで本格的に用いられるようになったのは2016年にプレデターがレボ(REVO)を発売した時から。2019年頃にはメーカー各社がカーボンシャフトを続々と発売し、従来のシャフトより総じて高価であるがアマチュアプレイヤーの所有率は伸び続けているという感触。

【用例】「カーボンシャフトの引き球ラインに驚いた」「カーボンはブレイクにも適している」




最終更新日: 2020-01-29 12:44:11 閲覧件数: 64  


おすすめ記事