ビリヲカでアクセスが最も多いのはビリヤード場ガイド
スマホから『現在地から探す』でカンタン検索の機能も備えています。どうぞご活用ください☆

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

ジュニア世界選手権

読み
じゅにあせかいせんしゅけん
分類
テスト
索引
[ し ]

【意味】(ポケット)WPA主催のナインボールで行われているU19(アンダーナインティーン)の世界大会。世界ジュニア選手権とも。

男子の部は台湾勢が圧倒的な強さを示しており、タイトルを独占する状況が続く。

日本からは2005年に土方隼斗(現JPBA)が銀メダルを獲得。この時に優勝した呉育綸(ウー・イールン)は、同大会4人目となる2連覇を達成(いずれも台湾選手)。翌年'06年に優勝して大会新となる3連覇を遂げた。しかし'07年にファイナルで柯乗逸(カー・ピンイー=台湾)に破れたため4連覇はならなかった。この時、日本の柴田裕介(現JPBA)は3位入賞。’08年には女子の部で小西さみあが銀メダルを獲得し、'13年には高校1年だった平口結貴が同じく銀メダルを獲得した。

なお04から創設された女子の部は欧米、アジアがバランスよく拮抗する状況にある。

【参考】歴代優勝者(ポケット・ナインボール)=選手権者(カッコ内は準優勝者)

2018 男子 イプ・キンリン=香港 (ロビー・ジェームス=香港) 陳佳樺=台湾 (Seo Seoa=韓国)

2017 男子 フェダー・ゴースト=ロシア (Enkhbold Tmuujin=モンゴル) 女子 クリスティーナ・トカチ=ロシア (李宇珍=韓国)

2016 男子 孔徳京=Kong De-Jing=中国 (Enkhbold Tmuujin=モンゴル) ※男子要確認 女子 陳佳樺=台 (蔡佩君=台)

2015 男子 龍澤煌=Long Ze-Huang=中国 女子 (Maksim Dudanets=ロシア) チェスカ・センテーノ=フィリピン (夏雨瀅=中国)

2014 男子 アロイシウス・ヤップ=シンガポール 劉昱辰=中国 (カミラ・コジャエバ=ベルギー)

2013 男子 柯秉中=台湾 (Sebastian Batkowski=ポーランド) 女子 ナタリア・セロスタン=ロシア (平口結貴

2012 男子 劉政杰=台湾 (Tobias Bongers=ドイツ) 女子 カミラ・コジャエバ=ロシア (オリビア・スプリンスカ=ポーランド)

2011 男子 Marek Kudlik=ポーランド (Konrad Piekarski=ポーランド) 女子 オリビア・スプリンスカ=ポーランド (Anastasia Nechaeva=ロシア)

2010 男子 フランシスコ・サンチェス・ルイズ=スペイン 女子 ブリタニー・ブライアント=カナダ (Briana Miller=アメリカ)

2009 ルスラン・チナコフ=ロシア Phil Burford=アメリカ Keng Chun-Lin=台湾 (Anja Wagner=ドイツ)

2008 柯秉逸=台 (ジェリコ・バナレス=比) ブリタニー・ブライアント=カナダ (小西さみあ

2007 柯秉逸=台 (呉育綸=台) Mary Rakin=アメリカ (Anna Kostanian=アメリカ)

2006 呉育綸=台 (柯秉逸=台) Mary Rakin=アメリカ (Tina Buhnen=ドイツ))

2005 呉育綸=台 (土方隼斗) 女子 ジャスミン・オーシャン=オーストリア (Helen Athanasiou=ギリシャ)

2004 呉育綸=台 (呉珈慶=台) 女子 周萌萌=中国 (ジャスミン・オーシャン=オーストリア)

2003 ヴィルモス・フォルデス=ハンガリー (張栄麟=台)

2002 陳英傑=台 (Shane Hennen=アメリカ)

2001 Brian Naithani=ドイツ (張栄麟=台)

2000 ドミトリー・ジャンゴ=スイス Brian Naithani=ドイツ

1999 呂輝展=台湾 John Vassalos=ギリシア

1998 呂輝展=台湾

1997 Christian Goteman=ドイツ

1995 Huang Kung-Chang=台湾

1995 Huang Kung-Chang=台湾

1994 Jorrn Kjolaas=ノルウェイ

1993 夏揮凱=台

1992 夏揮凱=台

編集中




最終更新日: 2018-12-24 20:13:30 閲覧件数: 21,964  


おすすめ記事