【今こそ非三密で安全なビリヤードを】(記事へリンク) 生涯楽しめる最高の趣味
◆本格ビリヤードヒロイン漫画『ミドリノバショ』5巻が9/12に発売!【ビリヤードガール】(関連記事へリンク)

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

女性のためのビリヤードガイド

手球子、潜入す

2021.9.9 Billiard GIRL

手球子、潜入す

怪力の持ち主・手球子です

握力50 パンチングマシーンで100キロの無駄な怪力の持ち主。

どうも〜!手球子です〜!

緊急事態宣言でビリヤード難民になりつつある私ですが、漫画喫茶やカラオケ屋さんの中のビリヤードを練り歩きしすぎて、玉屋に入ると逆に緊張するようになった最近のわたくし。

 

ビリヤード仲間の女子とともに、ナインボールしては、ブレイクだけが様子おかしいらしく、手球飛び出しては笑われております。

そうだ!!ネタもないしブレイク動画をのせよう! と、思い立ち 密やかにブレイク動画をインスタに載せたある日。

懐かしい会社名のアカウントからいいねをもらいました、、。

こ、、これはまさか!!

マッティ!!

マッティさん

マッティさんは、若かりし頃私の上司であり先輩であり、いい時も悪いときも笑いで乗り切った恩師であります。

名古屋に来てからずっと会ってませんが、札幌にいたころの思い出には、いつも甘いパフェとともに食事をともにするマッティが頭を横切るのです。

そのマッティさんの会社をフォローすると、、当時行っていたビリヤードキュー販売をずっと続けられていており、嬉しくなりました。

フォローして次の日 kslinkオンライン展示会の予告が!!

そんなこともできるのか、、、キューもライブで販売する時代の先駆けではないですか!

これは、見るしかない! と、9月5日日曜日18時 ライブ潜入

ライブに潜入

販売店内のビリヤードテーブルの上には おすすめのキューや、セールになってるお手頃のキュー。

ビギナー向けの商品から、カスタム、ハイブリッドキューも美しく並べられており、 テーブルの上にはなぜかパンダの頭が後ろ向きに飾られおり。

不思議笑

ねえ。そのパンダ 何に使うの!?(*´Д`

スパゲッティ食べながらつっこむ手球子。

そして始まるオンライン展示会。

 

ライブで映るマッティさん、、15年たってからの一方的な再会に しばし感動。

「マッティ 変わってない〜!!」

マッティさんが一つ一つキューを紹介しています。

すごい時代だなと、ビリヤードの世界もライブが浸透しつつある現代に驚きます。

 思えば、手球子の17年もののスレッジハンマーもどきのキューもマッティさんから買ったもの。

その後、激しくしばいてきたせいか、ぐにゃぐにゃに曲ってしまった、、これはいい機会です。

ダメ元で

ダメ元でコメント 「3万円くらいのブレイクキューありますか?」

ないと言われるかもとおもってると、まさかの 二本登場!!

白い手袋で、正体が手球子とはしらないマッティさんが、ビリヤードテーブルの上に キューを並べてくれて、一つ一つ見せてくれたのです。

もう3万くらいでは、ブレイクキュー買えないと思っていたので、潜入以外にまさかの収穫でした。

 

ライブでは、見に来てくれた人にマッティさんが丁寧に挨拶。

コメントで問い合わせもらったら、すぐに紹介と詳細の返答をくれ、見て触れなくてもリアルタイムでキューを探すことができて、まさに展示会(´Д`)

気になる商品あれば、DMで写真と詳細を送ってもらえるので、離れていてもキューを気軽に探せる感覚がすごいなと思いました。

初めての試みとのことで、つなぎが大変そうでしたが、キューほしい!!でも探しに行けない〜!という方にはピッタリだとおもいます。

さっそく展示会潜入後、久しぶりにメッセージを送り、手球子です〜と挨拶したのでした。

いつか札幌で

緊急事態宣言でていても、色んなオンラインツールを使って、ビリヤードの縁を繋いでくれるものだなと感動。

そして、オンライン展示会という試みをしたマッティさんのアグレッシブさが、昔と変わっておらず、懐かしくなりました。

いつか札幌行ったら、マッティさんに下手になった玉突きと、無駄に強いブレイク見せたいなと思う手球子です。 

この記事を書いた人

手球子 BilliardGIRL

手球子

愛知県在住。とあるチェーンを自営業として運営しています。同時に二児の母です。球歴は一番最初にキューを握ってから約18年。その間、複数回、年単位のブランクを経ています。ビリヤードに夢中で、頭の中が球一色だった20代の思い出と経験。そして、その頃とはちがう目線から、ビリヤードを楽しんでる現在の自分自身をさらけ出しつつ、ビリヤード界の発展のためにあらゆる視点から切ったり、開いたり、さばいたりしていきたく思います。すべてはリアルなビリヤード女子たちのために。

 




  • 2021年9月 9日(木) 03:45 by Billiard GIRL

おすすめ記事