【今こそ非三密で安全なビリヤードを】(記事へリンク) 生涯楽しめる最高の趣味
◆本格ビリヤードヒロイン漫画『ミドリノバショ』3巻が7/12に発売!【ビリヤードガール】(記事へリンク)

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

女性のためのビリヤードガイド

手球子、ビリヤードの新鮮さを感じる!

2021.10.15 Billiard GIRL

手球子、ビリヤードの新鮮さを感じる!

思わぬ過去をごっそり

懐かしき 球屋のハウストーナメント映像を見ていた。

そこに映っていたプレイヤーが 人生 最高につまらないデートをした相手。

彼の試合で目に飛び込むのは、だしミスだが 私の脳裏には、20代のとち狂ったデート。

スープカレー食べに行ったけど 会話もほぼ盛り上がらず、 なぜ、一緒にご飯食べに行ったら、なにか違う素敵なことが起きるかもしれないとわずかに思ったのだろうか。

24歳の私に今なら教えてあげられるのに。 「○下くんが面白いのは 球をついているときだけなんだよ」と。

 

こんにちは〜!!

コロナ禍において、どんどん進化するビリヤードオンライン! ライブ映像、オンライン配信、youtube!たくさんありますが 思わぬ過去をごっそりとりだされて、 目の前ではいどうぞされた女子!!

君だけじゃない♥️

そんなつまらないデートも 思い出させてくれるオンライン。

いや〜電話番号すら消したのに 思わぬ情報とびこんできますね!

現代の技術すごいっす!

 

五度目の正直

でも、オンラインばかりじゃ物足りないの〜!

たまには、実際に経験して ビリヤードの新鮮さを感じたい!

そんなことで、、、 手球子、初めて行くビリヤード場に、またまた突撃してきました。(*´∀`)

知る人ぞ知るビリヤード場

老舗  名城ビリヤード さんです!!

 

実は5回目の正直!

2回定休日にあたり、挫折。

2回は駐車場満車で、挫折。

 

今度の今度こそはぁ!!と

キューケースを車に積んでいざ出陣!!

満車、、(笑)

 

いや 、、

もう諦めない!!

と、案外あっさり見つけたコインパーキングに車をとめて

お店のドアを開けると、月曜日の11時で、

 

満台!!(;´Д`)

ここの地区はビリヤード激アツ盛り上がりですか!!

 

しかし、なんと名城ビリヤードさん。半分喫茶店なので、待機も快適。

懐かしい茶色の革張りソファーに腰掛けて、オレンジジュース飲みながら待ちました。

メニュー見ると、、え?!っていうくらい、ごはんのメニューが豊富。

これは、、あとで食べるしかない!!

 

30分後・・・

30分後、ママさんに案内されて ビリヤードに入れることに。

壁にはママさんの写真が貼ってあり、あとで知るのですが ママさんは三浦優子プロでした!

 

シャッキシャキにお店を回しておられ、店番もコックも会計も清掃もワンオペ!

「は〜い!!ありがとう〜!!」ととても元気いいです。

すごい!!(*´Д`)

午前中で満台で、みんなご飯注文するのを、すごいスピードでかっさばいております。

 

私はというと、手球飛び出さないようにコントロールを心がけたブレイクで、妄想の敵とナインボール練習。

(*´∀`)ぜんぜんだしでない。

でも、となりの年配の男性に「上手ですねぇ。いつもここにいるんですか?」と声をかけられました。

上手ですと?!  うう、、嬉しい。(´;ω;`)

 

理想のオムライス

合間にメニューで狙っていた オムライスを注文。

ママさんに「オムライスのできました〜!」と声をかけられ喫茶コーナーで食べにいきます。

もう、、、理想のきれいなオムライス!

中にピーマンと玉ねぎとソーセージ入ったオーソドックスな、懐かしいオムライスがでてきました。

ビリヤード名城のオムライス

喫茶店のオムライス好きな手球子には、たまらない一品です。

ものの10分もかからず平らげて、その後30分球を撞き帰ってきました。

 

ママさんには「いつもどこでついてるんですか?」と聞かれたので、正直に「漫画喫茶です!」とお答えしておきました。

なんせ、、コロナで球難民なので。

 

名城ビリヤードさん 火曜日は定休日で、現在時間短縮して営業されております。

ラストの時間はお店までお問い合わせください。

喫茶店とビリヤード場の融合を感じた老舗店でした!

ママさんありがとう!またご飯メインで球行きます!(*´∀`)

 

この記事を書いた人

手球子 BilliardGIRL

手球子

愛知県在住。とあるチェーンを自営業として運営しています。同時に二児の母です。球歴は一番最初にキューを握ってから約18年。その間、複数回、年単位のブランクを経ています。ビリヤードに夢中で、頭の中が球一色だった20代の思い出と経験。そして、その頃とはちがう目線から、ビリヤードを楽しんでる現在の自分自身をさらけ出しつつ、ビリヤード界の発展のためにあらゆる視点から切ったり、開いたり、さばいたりしていきたく思います。すべてはリアルなビリヤード女子たちのために。




  • 2021年10月15日(金) 18:15 by Billiard GIRL

おすすめ記事