ビリヤードの新着情報を一覧で楽々チェック!
ビリヤード・ニュースはコチラから☆

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

ボウラード

読み
ぼうらーど
分類
テスト
索引
[ ほ ]

【英】bowlards game:ボウラード、ボウラードゲーム、ボーラードゲーム

【意味】日本で考案されルールが定められた、10個のボールを用いて行うゲーム。対戦形式で勝敗を競うのではなく、1人で完結できる点が特徴。ボウリングと似た点数のつけ方をするため、技量を数字で測ることが可能。JPBAのプロテストにも採用されている。

調子や配置などで点数が上下するため、アベレージを取ると実力がより反映される。プロテストの実技では3ゲームの合計点で判定を行う。男子630点、女子420点がボーダーライン。(この他に筆記試験も行われる)

ゲームの進め方としては、まず最初にテンボールと同じ三角形のラックを組んで(先頭のボールがフットスポット上)、キッチン内に置いた手球ブレイクを行う。ここでスクラッチファウルの場合は1投目がガターとして終了。セーフプレーの場合はインノーインに関わらず手球現状のまま1投目が継続し、番号に関係なく的球を沈めていき(すべてコールショットミスファウルを含む)をしたところで1投目が終了。その後、手球現状スクラッチをした場合はキッチン内)から2投目を開始して、ミスをするまで継続する。この1投目、2投目でそれぞれ入れたボールの個数をボウリングのスコアと同様に扱う。(例:1+0=1、3+7=スペア等)

※公式ルールはNBAサイト内のルールブック(第14章)に記載

※ボウリング+ビリヤード=ボウラードであるため、表記はボーラードではなくボウラードとされる




最終更新日: 2018-04-24 14:43:05 閲覧件数: 9,858  


おすすめ記事