4月から改正施行される健康増進法についてビリヤード施設に求められる対応とは?
わかりやすくまとめられた記事が【コチラ】にあります

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

女性のためのビリヤードガイド

ビリヤード【アレ】のおはなし(奈良訪問編)

2020.3.2 Billiard GIRL

ビリヤード【アレ】のおはなし(奈良訪問編)

こんにちは♪ やっと2回目の投稿となりました、ポチ山さんです。

今回は、ビリヤードには無くてはならない

【アレ】

について、書かせていただこうかなと思います。

 

アレってなーんだ?

【アレ】とは 球のことかな?

確かに、球が無いと始まらない。

でもネタにするにも5行で終わる・・・。

 

ラシャのことかな?

確かに、ラシャ一つでプレイの内容が全然違う。

でもラシャをネタに書ける程の腕前は無い・・・。

 

チョークのことかな?

確かに、チョークが無いとキューミス三昧でゲームが嫌になる。

でもチョークの紹介なら、どうか業者さんのホームページをご参照ください。

 

それ以外で、最も重要なアイテム。

そう、キューです!

ポチ山さんも、ご縁があり、

いくつかのキューを持ちました。

 

振り返る初めてのマイキュー

初めてマイキューを持った日は今でも覚えてます。

 

一番初めにお世話になったお店のショーケースに

『中古キュー』

と書いてある、2万円のアダムのキューでした。

 

公私共に認めるドC級だったポチ山さんに

「性能がー」とか

「トビがー」とか

「しなりがー」とか

わかるはずもなく (今でもほとんどわかりませんが・・・) とにかく色と柄で、『ズキューン!』でした。

ビリヤードって、いろんな楽しみ方があると思んです。

球をいっぱい入れたいとか。

自由自在な手球コントロールとか。

強烈なブレイクとか。

 

それ以外でも

キューが好きなんだー

見た目でズキューンだったんだー

っていう楽しみ方もあっても良いんじゃないか!

と、ポチ山さんは思うのです。

 

友達に連れられて・・・

今回は、ポチ山さんのお友達がキューの作成やリフィニッシュなどをされるお店に行くというので、強引に連れて行ってもらいました。

キレイなキューを眺めてうっとりしたり、幸せな気分になるポチ山さんを、友人達は『軽いキューマニア』と呼ぶくらいには、キューの事が好きです。

 

そんな『軽いキューマニア』が連れてってもらったのは 奈良にある『TAKESHI REPAIR CRAFT (タケシ リペア クラフト)』さん。

こちらでも、マイキューをフルオーダーできます。

 タケシリペアクラフト

今回は、フルオーダーの注文ではなく シャフトのメンテナンスをしてもらいに来ました (ポチ山さんの友人が)。

まずは、友達が撞き始め、その人の癖や特徴などを武司さんが見て、シャフトを持って、奥の間(工房)へ。

試し撞き

※企業秘密ではなく 「めちゃくちゃ散らかってるから、勘弁してください…」 と、はにかみながら言う武司さん

工房

 ( ↑ こちらが工房)

・・・工房の5倍くらい散らかってる部屋に住んでるポチ山さんって一体・・・。

 シャフト

そして、軽くメンテナンスをし、

武司さん自ら確認をし、

またまた奥の間へ、

の、繰り返しで繰り返しで、友達の希望と近くなる様に仕上げていました。

 

キューをフルオーダーする際も、こういう形で1つ1つ細かく相談しながら作り上げることもできるそうです。

まさに 『世界に1つだけのマイキュー』。

 

もちろん、奈良まで行けない方もメールやお電話で細かいオーダーができます。

 

ポチ山さんも、今の相棒くんと、泣く泣くお別れしないといけなくなった時には、自分に合った『ズキューン!』と来るキューを作りたいなぁと思えた奈良旅行でした。

 

※BG編集部注 関西圏には今回ポチ山さんが訪れた工房以外にも、関西最大級のスケールと設備を整えた『早川工房』(滋賀県栗東市)や、武司さん(前出)がキュー作りの修行を行ったという『TⅡfactory』(大阪府大東市)などがカスタムキューの制作や各種リペアを行って人気を集めています。補足情報として。

 

この記事を書いた人

ポチ山さん(ぽちやま・さん)

日本在住。ビリヤードをこよなく愛するプレイヤー。試合はネガティブMAX、練習ではポジティブMAX。ほくろじゃなくておへそ。「おばあちゃんになるまで、ビリヤードを愛し続けます」




  • 2020年3月 2日(月) 18:41 by Billiard GIRL

おすすめ記事