【ビリヤードガール】(記事へリンク)8/12に本格ビリヤードヒロイン漫画の単行本1巻が発売になります☆

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

女性のためのビリヤードガイド

ビリヤードウェア普及祈願!

2020.4.1 Billiard GIRL

ビリヤードウェア普及祈願(女子的に)

最近ゴルフを始めました

こんにちは。はづきです。

最近ゴルフを始めました。

「ビリヤードガール」なのに、いきなりなんだよ!? と思いますよね。

失礼しました。

始めたと言っても、やっとクラブの持ち方を習ったくらいのレベルで、まだ何が何だかわかりません。

でも難しくて楽しいことだけはわかりました。

 

形から入る女子あるある

新しいことを始めるときに、「形から入る」なんてことをよく言いますが、ゴルフの場合、形から入るには、クラブやウエアなど、揃えるものが多くて大変です。

特に女子は、上から下までかわいい、またはカッコいいウエアで決めたくなるのです。

当然その出費はかなりのものになるはずで、わたしがなかなかゴルフを始められなかったのは、まさにその理由からでした。

 

気軽に始められるビリヤード

それで、ふと思ったのです。

ビリヤードって、めっちゃ気軽に始められるやん!

決まったウエアもスタイルもなし、とりあえずキュー1本あればいい。

なんなら、しばらくはお店のキューを使っていればいい。

天気も季節も時間も関係ない。

なんて手軽に始められる趣味なの!!

 

女子人口、ドカーンと増加策

そして更に思ったのです。

ひょっとして、ゴルフってファッションとしてかわいいから始める女子も意外と多いのかなぁ?

ひょっとしたら、ビリヤードも、キュートなビリヤードウエアと、超かわいいキラキラデザインのキューで楽しく撞いてる女子達の様子がSNSで広がったりしたら、ドカーンと女子人口が増えるなんてことが起きないのかなぁ?

 

はじまりは「カワイイ」「カッコいい」

ビリヤードって、最初から「よし、やるぞ!」って始める人より、友達となんとなくワイワイ楽しむところから始める人の方が多いはず。

わたしも後者でした。

だから、ビリヤード女子を増やすには、女子が「かわいいなぁ」とか、「カッコいいなぁ〜」って思うようなイメージを持ってもらうのも一つの方法なのかも・・・。

 

ビリヤード女子アパレルに期待

そんなことをなんとなく思っていたある日、光岡純子プロが、『ZAN ATHLEISURE』(ザン アスレジャー)で、レディースウエアを展開していくというインタビュー記事(BD)を読みました。

他にも、野内麻聖美元プロがご自身のオリジナルブランドである『MGN CLAND』でカッコよくてかわいいウエアやグッズを展開していますし、ビリヤードに関係するブランドが増えて、盛り上がっていったらステキですね。

「ウエアに憧れて」

そんな動機で始めるスポーツって、決して少数派ではないと思います。女子は特に。

 

いつかスポーツ用品店に、ゴルフコーナーやテニスコーナーに並んでビリヤードコーナーができる日を夢見るはづきでした。

この記事を書いた人

はづき

北陸在住。ビリヤードが奏でる音をこよなく愛するビリ女。読書も大好き。ライフテーマは球撞きしやすい髪型に球撞きしやすい服。指に切り傷なんかを作ると「球撞ける?」と考えて・・・。気がついたら何もかも球撞きに結びつけていて笑ってしまいます。




  • 2020年4月 1日(水) 12:00 by Billiard GIRL

おすすめ記事