ビリヲカでアクセスが最も多いのはビリヤード場ガイド
スマホから『現在地から探す』でカンタン検索の機能も備えています。どうぞご活用ください☆

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

テンボール世界選手権

読み
てんぼーるせかいせんしゅけん
分類
試合大会名等
索引
[ て ]

【英】World Ten Ball Championship , World 10ball Championship , WTBC

【意味】WPAが公認するテンボールで世界一を競う大会、テンボールの世界選手権

過去にもテンボールの世界大会が行われてきたが、正式に世界選手権として開催されたのは2008年(フィリピン)から。

ただし、この年はフィリピンの2つの団体間に確執問題が生じ、オールスターを擁する団体がボイコットしたためフィリピン人選手で有名なプレイヤーはアントニオ・ガビカマーロン・マナロジェフリー・デルーナらにとどまった。ナインボール世界選手権も同様の問題からフィリピンで開催予定となっていたが延期(中止?)となった。

2011年にはベスト16で赤狩山幸男高野智央の日本人対決が実現。ここで勝った赤狩山は準決勝まで進んで3位タイに。

2015年にマニー・パッキャオがスポンサーとなりジェネラルサントスシティを舞台にして4年ぶりとなる大会開催が実現した。

【参考】歴代優勝者(カッコ内は準優勝者)

2015年(フィリピン) 柯秉逸=台湾 (カルロ・ビアド=フィリピン)

2014年 不開催

2013年 不開催

2012年 不開催

2011年(フィリピン) フーチー・シー=オランダ (フー・チェンポー=中国)

2010年 不開催

2009年(フィリピン) ミカ・イモネン=フィンランド (リー・バン・コルテッザ=フィリピン)

2008年(フィリピン) ダレン・アプルトン=イギリス (呉珈慶=台湾)




最終更新日: 2016-10-24 22:16:13 閲覧件数: 18,116  


おすすめ記事