【今こそ非三密で安全なビリヤードを】(記事へリンク) 生涯楽しめる最高の趣味
◆本格ビリヤードヒロイン漫画『ミドリノバショ』3巻が7/12に発売!【ビリヤードガール】(記事へリンク)

Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

アジア競技大会

読み
あじあきょうぎたいかい
分類
試合大会名等
索引
[ あ ]

【英】Asian Games:アジアンゲームズ、アジア競技大会

【意味】アジアオリンピック評議委員会が開催するスポーツの国際大会。4年に1度開かれ、通称でアジアオリンピック、略称でアジア大会等とも呼ばれる。

13回目を数えた1998年のバンコク大会(タイ)からビリヤードが正式種目となり、キャロムポケットともに多数のメダル獲得実績を持つ。

2010年ポケット代表は神箸久貴田中雅明梶谷景美光岡純子。キャロム代表は甲斐譲二と鈴木剛。

2010年の広州大会を最後にビリヤードが正式種目から外れて復活が待たれる状況にあったが、2030年のドーハ大会から再び競技として採用されることが2021年に発表された。

【参考】歴代日本代表獲得メダル

2010年(広州=中国) 鈴木剛(スリークッション・金メダル)、甲斐譲二(スリークッション・銀メダル)

2006年(ドーハ=カタール) 梅田竜二(スリークッション・金メダル)、川端聡(エイトボール・金メダル)

2002年(釜山=韓国) 小林伸明(フリーゲーム・銅メダル)、肥田明(スリークッション・銅メダル)

1998年(バンコク=タイ) 島田暁夫(スリークッション・金メダル)、梅田竜二(スリークッション・銀メダル)、高橋邦彦(ナインボール・銀メダル、エイトボール・銅メダル)、高橋邦彦川端聡(エイトボールダブルス・銅メダル)




最終更新日: 2021-04-10 11:50:55 閲覧件数: 17,717  


おすすめ記事