Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヲカのビリヤード用語集は国内唯一無二の情報量を用意し、業界最長キャリアを有するライター・タカタアキラの責任監修で正確さと公平性を担保しています

故意ファウル

読み
こいふぁうる
分類
ルール等
索引
[ こ ]

【意味】戦略上、意としてファウルプレーを行うこと。故意ファール。

(主に)セーフをすることが難解な局面において、ペナルティ(相手にフリーボールを渡すなど)を受けてでも配置を変えておくことを選択しファウルをおかしてトラブルを作るなどする戦法。

ルールに背くというよりは、し得る最高のプレーがファウルプレーである、という合法的違反という感覚が一般的。実際に国内外の試合で堂々と行われている。

14-1ラックなどではセーフプレーを行うとチャンスを与えてしまうと判断した場合などに、少しだけ手球を動かして的球にくっつけるなどノークッションとなることを前提としたショットもよく見受けられる。

ただし、日本国内におけるローテーションでは、これを行うと即敗戦、すなわち没収試合になると定められているので注意が必要。 ※2011年にJPBAJAPAが共同で補足ルールを定め、その中で故意ファウルが認められることとなった。

【用例】「故意ファウルをして的球を囲むように他のボールを寄せた」 




最終更新日: 2017-02-21 15:47:39 閲覧件数: 15,005  


おすすめ記事