【ビリヤード場ガイド】では営業自粛等の期間限定休業については情報を示しておりません。
訪れる際は各店舗様へご確認いただきますようお願いいたします。ビリヲカ事務局

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

明るく楽しく

【明るく楽しく】Photo & Text by Akira TAKATA

唐突ですが、ビリヤード場は大きなテーブルが置かれているので、人の密度は低いスペースです。

他の室内アミューズメントや飲食店とは比較にならないほどに。

とはいえ、世界的な拡散状況を見ますと、気軽に「ビリヤードを楽しみましょう」と言える状況ではありません。

 

日頃はビリヤード料金の値上げと大人数でのプレーを推奨する私ですが、しばらくの間は一人練習を含む少人数プレーを推すスタンスを取らせていただきます。

とにもかくにも「うつさない」「うつらない」が大切です。

3つの『密』を避け、そして「うがい手洗いマスク着用」を徹底していただくことを願っています。

そして新型コロナウイルスの一刻も早い終息を祈ります。

 

こんな時なので「明るく楽しい写真」を。

と思い、過去の画像を保管しているHDDの探索をいたしました。

デジタル一眼レフカメラを使用し始めた2005年から順に。

そして「コレだ!」という一枚を見つけました。

ご存知の方も多いと思いますが、ビリッカーというスポーツのデモンストレーション・イベントで撮った写真です。

こんなシーンがあったことは記憶になかったのですが、現場が明るく楽しく盛り上がっていた空気は覚えています。

 

大変なときだからこそ「明るく楽しく」。

どんなフィールドでも周囲を楽しませるプロ魂に敬意を表して。

 

明るく楽しく Photo Data

撮影日:2016年2月21日

撮影場所:スポタカ心斎橋BIGSTEP(大阪市中央区)

モデル:大井直幸プロ、浜田翔介プロ(ともにJPBA)、フットサルのプロたち他

撮影者:タカタアキラ




  • 2020年4月 2日(木) 22:39 by タカタ写撞部

おすすめ記事