【ビリヤード場ガイド】では営業自粛等の期間限定休業については情報を示しておりません。
訪れる際は各店舗様へご確認いただきますようお願いいたします。ビリヲカ事務局

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

エイジシュート

【エイジシュート】Photo & Text by Akira TAKATA

エイジシュートという言葉をご存知でしょうか?

ゴルフで年齢を下回るスコアで回ることです。

例えば80歳の人が80以下の打数で1ラウンド(18ホール)をホールアウトするという話です。

 

ビリヤードにこうした記録を定めた例は見当たりませんが、先日ちょっと興味深い場面に出会いました。

浪江隆プロ(現JPBA理事長)が京都14-1研究会の月例会中に94点のハイランを達成。

「年齢を超えるランが出たことは嬉しいですね」

とはプロ自身の談話です。

確認をしたところその時点で76歳。

ビリヤードが息の長いスポーツだとはいえ、喜寿にして100点近いランを出す例は稀なことでしょう。

恥ずかしながら私は一度もエイジシュートを達成したことがありません(笑)。

 

今後、満70歳以上を対象に『エイジシューター』として記録を残していく。

そんな試みを行いたいなと思いました。

14-1ラック種目の大会は少ないので、研究会とかお店のトーナメントも対象にしてよいのかなと。

 

「まだまだ若いモンには負けられん」

そんな元気なプレイヤー情報をお待ちしています。

 

浪江プロは2月27日で満77歳。

エイジシュートの記録更新に期待です。

それにしても、これほど虎目が美しいシャフトは珍しい☆

 

エイジシュート Photo Data

撮影日:2020年2月8日 ※京都14-1研究会月例会にて

撮影場所:サンク(京都市伏見区)

モデル:浪江隆プロ(JPBA)

撮影者:タカタアキラ




  • 2020年2月13日(木) 18:00 by タカタ写撞部

おすすめ記事