【ビリヤードガール】(記事へリンク)8/12に本格ビリヤードヒロイン漫画の単行本1巻が発売されました☆

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

ヤバい

【ヤバい】Photo & Text by Akira TAKATA

今回はかなりヤバい選手の登場です。

ワールド・ニュースター誕生の予感。

鄭肖淮(ゼン・シャオハイ)は中国から来た18歳。

今年の全日本選手権に初出場初優勝を果たしたことで一躍有名になった選手です。

 

どのくらい“ヤバい”のか記してみたいと思います。

大会期間中は私も会場内で撮影をしていましたが、

「あの中国の若い選手、ヤバいですよ」

「黄色いベストの中国人、ヤバすぎます」

と、プロやギャラリーがとにかく「ヤバい」ことを教えてくれました。

「エグい」とか「強い」でなく揃って「ヤバい」と(笑)。

鄭肖淮の存在はチャイナオープンへ出場した日本人選手の間では既に知られていました。

今年初めてチャイナオープンのステージ2に登場すると、大井直幸プロにはヒルヒルで惜敗するも、柯秉逸アレキサンダー・カザキスアルビン・オーシャンを倒した記録が残っています。

そしてベスト8で呉珈慶に敗れて5位タイフィニッシュ。

 

まだサンプルデータは少ないですが、鄭肖淮の対戦成績に興味を持たれた方は【コチラ】から。

18歳という若さも考えると、呉珈慶以来の逸材ではないかと思います。

常識を覆すシュート力、そして怪我をしない範囲にポジションをする安定感。

なお余談ですが、ブレイク時の手球の跳ねる高さも大会トップクラスでした。

 

ヤバい Photo Data

撮影日:2019年11月24日 ※全日本選手権会場にて

撮影場所:あましんアルカイックホール(兵庫県尼崎市)

モデル:鄭肖淮(中国)

撮影者:タカタアキラ




  • 2019年12月 6日(金) 17:54 by タカタ写撞部

おすすめ記事