祝☆本格ビリヤード漫画『ミドリノバショ』連載決定!
連載への経緯や詳細は【コチラ】(Billiards Days)

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

十年一昔5

【十年一昔5】Photo & Text by Akira TAKATA

光陰矢の如し。

ついこの間のことだと思っていたら、

「え、そんなに前の話だったの?」

なんていうことがよくあります。最近、特に。

 

次の日曜日は西日本グランプリ第3戦が和歌山で開催されます。

10年前も同じ時期に開催されていました。(場所は大阪)

そして優勝したのはカーリーこと赤狩山幸男プロ。当時34歳。

あらためて数えてみると、この時がプロ国内公式戦通算7勝目でした。

そして翌年にもグランプリで2勝。

二桁勝利にリーチをかけたところで、次に獲ったタイトルが世界選手権

「世界王者まであと二年」な一枚ということですね。

 

この写真、服装がラフな印象を受けますが、体調が優れず急遽羽織ったものでした。

表彰式の後も苦しそうな様子で。

でも、一週間後にはチャイナオープンで3位に。さすがです。

 

これを書いていて思い出した話を。

「熱が40度出ても、カール・ルイスは元気な俺たちより速い」。

これは競馬好きな友達が「レースは能力で決まる」と力説していた時の台詞です。

かれこれ30年近く前の話ですが(笑)。

 

十年一昔5 Photo Data

撮影日:2009年6月7日

撮影場所:マグ・スミノエ(大阪市住之江区)

モデル:赤狩山幸男プロ(JPBA)

撮影者:タカタアキラ




  • 2019年5月31日(金) 02:54 by タカタ写撞部

おすすめ記事