ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

5枚目

【5枚目】

今日は現役最年少、田中汰樹プロを撮った1枚から。

 

ご存知の通り、全日本ジュニア選手権2連覇、アジア選手権(ジュニア)シングルス&ダブルスの2冠など、ジュニア時代に輝かしい経歴を持つ、日本期待の星です。

 

私が初めて彼を獲ったのは2013年。

その時は全日本ローテーション選手権・B級の部で優勝。

当時は13歳の中学1年生で、大会最年少優勝記録を樹立した、文字通りの大器です。

 

 

さて、何が5枚目かと言いますと、ショットの直後から連写をして、5枚目の画像という意味です。

およそショットから1秒と少し後。

 

この写真から学ぶべき点が2点あります。

1つ目は上体の高さのキープ。

2点目はキューの方向(左右)のキープ。

 

連写時に3枚目まで上の2点が合っているプレイヤーは、総じてハイアベレージな選手。

プロでも不調時はどちらかにズレが生じています。

 

ついでに記しておきますと、

ジャンプショットではキュー方向に左右のズレ。

空クッションでは上体が早く起きてしまう。

上級者でも起こりがちな事象です。

 

このようにファインダー越しには理解できるのですが、

いざ自分がキューを握ると・・・。

 

ちなみに田中プロは5年前もショット後の体は静止していました。

 

5枚目 Photo Data

撮影日:2018年5月6日

撮影場所:玉出ビリヤードACE(大阪市西成区) ※西日本グランプリ第2戦会場にて

モデル:田中汰樹プロ

撮影者:タカタアキラ

※写撞部ではプロアマを問わずカメラマンおよび作品を随時募集しています




  • 2018年6月13日(水) 14:35 by タカタ写撞部

おすすめ記事