ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

笑う門には

女子プロの試合を観に行かれたことはありますか?

 

月刊タカタ写撞部時代に【撞球的プラスアルファ】というタイトルで紹介しましたが、

試合の合間(だいたい準決勝前)にイベントが行われます。

 

プロとギャラリーがペアになって1トーナメントを行うことが基本で、

それが今、更に進化を遂げて、楽しいものとなっています。

 

今回も司会はメガネプロこと野内麻聖美プロ。

この日、決勝戦で対戦をしたのは、山内公子プロと谷山和子プロ(それぞれギャラリーとペア)のチームで、

山内プロ(博多在住歴20年超え)が今も健在な大阪弁で大暴れ。

メガネプロも相変わらず言いたい放題。

 

そこに大勢の女子プロが次々と絡んでいきます。

時に女王からツッコミが飛んできたり。

 

【笑う門には】

 

プロっていうと、試合しか知らない人にすれば、

少し怖いくらいのイメージがあるかもしれません。

 

しかし、それはあくまで試合中の顔。

ビリヤードが大好きで、誰よりも練習を重ねて、

プロの一線で活躍する人たちですから、

公式戦の場でヘラヘラしているハズもありません。

 

しかしテーブルを離れたら別物。

会場に足を運んでくれたファンに対しては一様に優しいです。

 

そしてイベントの時には試合中に見せない個性がキラリ☆

今回は夕川景子プロと栗林美幸プロが、

グイグイと攻めて盛り上げに一役を買っていました。

 

これだけ自然な笑顔があふれる空気ですから、

イベントに参加した人も、見守っていた人も、

存分に楽しんでおられた様子。

 

私も撮る手が震えるほど笑いました。

笑顔の連鎖。本当に魅力的です。

 

それにしても、五者五様。

そんな個性もプロらしさだと思います。

 

笑う門には・・・!?

ぜったい生で観ておくべきイベントです。

 

笑う門には Photo Data

撮影日:2018年4月1日

撮影場所:POOL BLOW(京都市右京区) ※全日本女子プロツアー第2戦会場にて

モデル:(左から)元廣麗子藤井寛美夕川景子小西さみあ栗林美幸(以上JPBA、敬称略)

撮影者:タカタアキラ




  • 2018年4月10日(火) 17:18 by タカタ写撞部

おすすめ記事