ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

好敵手

カタールで開かれているナインボール世界選手権で栗林達赤狩山幸男高野智央の3人がステージ1を通過したというナイスなニュースが入っています。

これでJPBA勢は7人がステージ2に。期待が膨らみます。

詳しくはビリヤードデイズさんやオンザヒルさんでどうぞ☆

 

そしてラスベガスで開催中のモスコーニカップ(アメリカ vs ヨーロッパのチーム対抗戦)が佳境を迎えていますね。

最終日を前に、チーム・ヨーロッパの8年連続勝利が濃厚。

勝つと通算成績でもヨーロッパが勝ち越しとなります。(12勝11敗1分)

モスコーニカップの勝利チームとアジア選抜が戦う。

そんなマッチが実現したら・・・。なんて妄想中(笑)。

それでは12月最初の【週刊タカタ写撞部】をお届けいたします。

 

【好敵手】

 

 

土方隼斗、28歳。

花の40期生として2006年にプロデビュー。これまで2度('13年、'16年)日本ランキング1位の座に就き、国内公式戦で通算28回の優勝を誇る、誰もが認める日本の若きエースです。

(日本式の学年割だと)呉珈慶ジェイソン・ショウ、国内では佐藤正行が同学年です。

飯間智也、29歳。

2017年の国内ポケットビリヤードに旋風を巻き起こした代表格。

プロ復帰を果たした一年目で公式戦3勝。

以前にプロ活動をしていた(実質)5年間('08年~)で1勝でしたから、大きく成長して戻ってきたことになります。

通算勝利数やランキングでは、まだまだ土方のそれに及びませんが、鮮烈なカムバック劇で脚光を浴びる存在となりました。

 

土方と飯間は同学年。

右利きの土方とサウスポーの飯間。

東の土方、西の飯間。

エクシードの土方、T2facrtoryの飯間。

新婚の土方、父である飯間。

共通して持つタイトルは北海道オープン北陸オープン

 

そして業界で生きていく覚悟を決めた2人は、ビリヤード人口を増やすことに対して積極的。

それぞれの活動については、2人のブログに色々と記されています。

My Mission(土方隼斗)

No  Pool No Life(飯間智也)

切り拓いていこうという強い意志や新しいアイデアも豊富に。

 

ジュニア時代にもよく一緒に遠征に行っていた2人。

先の全日本選手権会場で良い雰囲気で話をしていたので、サラっと撮影(隠し撮り?)をしようとしたところ即バレ(笑)。

 

今回の写真はそんな1枚です。

ポーズとスマイルが見事にシンクロ!

後から見て、ちょっと驚きました。

 

突然カメラを向けられても動じないのは、さすがスターだなと感心しました。

そして笑顔で応じてもらってありがとうございました。

2人のますますの活躍を祈っています☆

 

好敵手 photo data

撮影日:2017年11月22日

撮影場所:あましんアルカイックホール オクト(兵庫県尼崎市) ※全日本選手権会場にて

モデル:土方隼斗プロ(左)、飯間智也プロ (ともにJPBA)

撮影者:タカタアキラ




  • 2017年12月 8日(金) 02:49 by タカタ写撞部

おすすめ記事