ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

週刊タカタ写撞部

ビリヤードをテーマにした写真をお届けするコーナーです。★毎週木曜日更新
2015年4月から月刊タカタ写撞部として始動し、2017年9月からビリヲカに移転し週刊コンテンツとして再始動。
ビリヤード好きなプロアマ写真家のご参加をお待ちしています。

サークル

気が付けばもう10月の最終更新を迎えた『週刊タカタ写撞部』です。

寒暖の差が厳しくなっていますが、体調を崩されたりしてはいませんでしょうか?

今回のゲストは若林良浩さん。月刊タカタ写撞部時にもご参加いただき、週刊化後もレギュラーとして作品を発表していただける予定です。

 

今回の作品は、真剣にビリヤードに取り組むその場の空気が伝わってきました。

凛とした女性の姿は美しいですね。

皆さんはどんな印象を持たれるのでしょう?

受け取り方も自由であってほしいと思います。

それでは【ワカバヤシ写撞部】をどうぞ!

*****

【サークル】

最近ネットやSNSなどで、ビリヤードのレッスンやサークルの情報を見かけることが増えてきたような気がしています。

そんな中、ビリヤードサークルの様子を撮影させて頂く機会がありました。

 

そのサークルは隔月で定期的に開催されていて、今回は、講師のプロ1名と参加者4名というメンバーで、リーグ戦形式でゲームを進めるという内容でした。

ゲームの合間にプロからのレクチャーを受けることもでき、一人ひとりが真剣に、一生懸命にプレーしています。

また、参加者同士でショットセレクトを考え合ったり、ナイスプレイに歓喜したり、時には笑顔がこぼれたり・・・。

何より、皆、プレーを楽しんでいるのが印象的でした。

 

楽しみがあるから練習が続けられる。続けているから上達もする。上達すれば新たな楽しみも見つかる。

サークルは、そんな連鎖のキッカケのひとつにもなるんだと感じるひと時でした。 

 

サークル Photo data

撮影日:2017年10月14日

撮影場所:Billiard cafe Roots(東京都杉並区)

モデル:ビリヤードサークル『GIRL'S TOOL』講師&参加者

撮影者:若林良浩

*****

写撞部ではビリヤード好きで写真を撮るのが好きな方を随時募集しています。




  • 2017年10月26日(木) 12:00 by タカタ写撞部

おすすめ記事