4月から改正施行される健康増進法についてビリヤード施設に求められる対応とは?
わかりやすくまとめられた記事が【コチラ】にあります

ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

女性のためのビリヤードガイド

手球子のぶらり大阪旅紀行

2020.1.3 Billiard GIRL

手球子のぶらり大阪旅紀行

はるばる来ましたよ大阪に

む、、ここか、、、。

間違いない。

 

Googlemap様の、赤い印はいま、まさに右のビルを示してるではないか。

二階への階段をあがり、カバン2つかかえて、上りきる手前の下の段から様子をうかがう。

 

ビリヤード 初心者レッスンあり!  14時~オープン!

の黒板みつけ。

 現在15時。時間確認。

なかにはすでにお客さんがいる模様。

 

様子をうかがっている最中、お客の一人と目があった。

やばい。あまり見てると、ただの怪しい女だ。

 

これは、、素早く入ろう!!!

しゃ!! ぎいいいいいっ!

黒いステンレスの縁取りの、ガラスドアを押して中に入る。

 新参者に注がれる視線を感じる。

この、初めて来たビリヤード場に入る 緊張感!!

オツですこと!(´Д`)

つまみですよ! これが球のつまみですよ!!

 

しかも、今日は、手ぶら、キューなし。

当然、カウンターの店主と思われるおじさまは 「いらっしゃい」というけど、若干めずらしすぎて、ひいてます。

それをものともせず、満面の笑顔で 「奥の台をかしてください。あと、キューを借りたいです!」と勢いよく言うと 「奥のテーブルどうぞ。キューは壁にあるので、自由にお使いください」と言ってくださいました。

 

かしこまり!!(´Д`)

そそくさと奥の台に向います。

手前には4台のビリヤードテーブルが横並びに並んでおり、その時点でお客さんは三人ほど。

荷物抱えて、奥に行くと 台がベージュ!!

久しぶりにみた、ベージュのラシャです。

店内は薄暗いなかに、ライトが台を神々しく照らしており 雰囲気は 洒落オツでございます。

センス! センスの塊のビリヤード&カフェです。

 大阪

大阪、めちゃくちゃ面白い

どうも! 手球子です。

今回は、姉が地元から大阪に遊びに来ていたので 会いに大阪に行ってきました。

大阪、めちゃくちゃ面白い!

都会のテンポ。 商売の密度。 溢れる色。

いなかっぺ出身の手球子、梅田についてすぐ興奮。

 

ホテルに移動する前に、「大阪のビリヤード場はどんなんかな!?」「誰かと撞いたりできるのかしら!?」と 、路上で「OK Google!! 大阪のビリヤード場」 とスマホに話しかけ、 出てきたのは 「大阪 宿町」 。

「ちゃうやんけ!!」と一人でスマホに突っ込みながらも再度挑戦し、ビリヤード場、無事に検索 たどり着いたのが、大阪市南船場町『ビリヤード&カフェBRO』 でございました。

 

初めて行くビリヤード場、楽しい!!(^-^)

お借りしたハウスキューで、適当に球を撞いてると、なぜか、続々とお客さんが来店される。

「おや!?」と思っていると JPAの試合が始まる模様です。

和気あいあいと開催されたJPAの試合の模様に、昔の試合と言えば大きい試合も小さい試合も 仲間うちでも もう、みんなとにかく無言、しかめ面。緊張感みちみち! という風景はなく フレンドリー&ウォームな空気感をみて、時代の流れを感じたのであります。

 

そのあと訪れたさらにお客さんが来店され満台という様子に「相撞きをお願いできますか?」と店主のおじさまから声をかけられまして sure!!!(´Д`)

初めて行く大阪のビリヤード場で、初めて会うおじさまとナインボール。

ほどよい緊張感と、新鮮さの 楽しいひとときを過ごして参りました。

 手球子、なんせキューないので 思いっきり球が隠れたときも 「すすすいません、、よければ、、その 、ジャンプキューをお借りしてもいいでしょうか?」 とお願いしますと、 おじさま、快く貸してくださいまして、 借りたジャンプキューで、「えいっ!」ってやったけど、 案の定 飛ばないというお約束。

 

ビリヤードって素晴らしい

ゲームを終えホテルのチェックインのため、 そろそろ上がりますと話すと、 「ですよね?!荷物あるのに、キューないから、すごいなと思って」とかなり不思議に思われた模様。

 

「普段はどこで撞いていますか?」と聞かれ「名古屋です」。

さらに、店主のおじさまに「大阪は仕事で?」と聞かれ 「ただの観光です!」 と軽いトークを楽しみ、お礼を言って お店を後にしました。

 

知らない土地で、知らない人とも楽しい時間をすごせる、ビリヤードという共通点、素晴らしいと思います。

女性ひとりでも行きやすい、 おしゃれなビリヤード場でした。

BROの店主様、相撞きしてくれたTさん、ありがとうございます。

 

今回は、大阪で初めてのビリヤード場体験を送りました~!

次回は番外編をお届けします。 手球子でした! アディオス!

 

この記事を書いた人

手球子 BilliardGIRL

手球子

愛知県在住。とあるチェーンを自営業として運営しています。同時に二児の母です。球歴は一番最初にキューを握ってから約18年。その間、複数回、年単位のブランクを経ています。ビリヤードに夢中で、頭の中が球一色だった20代の思い出と経験。そして、その頃とはちがう目線から、ビリヤードを楽しんでる現在の自分自身をさらけ出しつつ、ビリヤード界の発展のためにあらゆる視点から切ったり、開いたり、さばいたりしていきたく思います。すべてはリアルなビリヤード女子たちのために。

 




  • 2020年1月 3日(金) 12:19 by Billiard GIRL

おすすめ記事