雑談掲示板 ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤードフォーラム


 掲示板目次 > ビリヲカ掲示板 > 雑談掲示板

NEW TOPIC投稿

このトピックに書き込む
 キャロムのつぶやき 14
 |  印刷用ページ
森口 博
 2017年2月10日 03:51 (参照数 346回)  
掲示板 A級
A級

状態: オフライン

登録日: 2016年9月30日
投稿数: 37

その14.引っかけの基準値づくり
引っかけの厚みを経験値の感だけでねらう人は多いと思います。それは当たってもマグレです。自分の基準値をつくる方法を紹介します。クッションタッチしている先球を 厚み「0」でねらってショットし、入射角を変えて反射角を記憶していきます。厚み「0」 とは 先球に当たる厚みではなく、クッションがないと仮定したとき 先球を忘れる厚みのことで、入射角によって当たる厚みは全て異なります。クッションの跳ねを押さえる静かな撞き方で、ひねりが多く加わってスピンボールにならないように、撞点は topside の10時半、1時半です。コースを記憶したら すき間があるときの応用は微調整で可能になります。この基準をもとに経験を積むと、手球の 1C 接点をどこに置いたらいいか 先球との間隔が読めるようになります。
私のホームページ 「キャロム ビリヤード システム」 は、
ビリナビ@ビリヲカ ⇒ カテゴリ ⇒ ビリヤードスクール から入ってください。


 
プロフィール メール
引用して書き込む
内容生成: 0.03 秒

NEW TOPIC投稿

このトピックに書き込む



通常 通常
ロック済 ロック済
注目トピック 注目トピック
新着 新着
注目トピック新着 注目トピック新着
ロック済トピック 新着 ロック済トピック 新着
ゲストユーザの投稿を見る 
ゲストユーザ投稿可能 
一部のHTMLを許可