Glossary ビリヤードウォーカー ビリヲカ

ビリヤード用語集

ビリヤード用語集は、みんなで作る用語集です。 用語の編集、登録にご協力をお願いします。
また、各単語へのリンクも歓迎です。各所でご利用ください。 ガイドライン

全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会

読み
ぜんにほんあまちゅあぽけっとびりやーどせんしゅけんたいかい
分類
試合大会名等
索引
[ せ ]

全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会会場風景
全日本アマの会場風景

【意味】昭和28年に始まった、国内のポケット界に現存するトーナメント(全国大会)で日本最古の歴史を有するアマチュアの大会。A級B級女子級の3部門があり、いずれもローテーションコールショットで行われる。(2008年現在、A級180点、B級および女子級が120点先取)

2006年より手狭となったKBSホール(京都市)から名古屋(2007年以降は名東スポーツセンター)へ舞台を移し、設置テーブル数を増やして進行の時間短縮も。

過去に『内閣総理大臣杯』の冠がついていたことから一部に『内閣』と呼ぶ人もいるが、この冠を外して以降は『チャリティ』という略称が浸透している。

2007年よりチャリティの冠もはずしたので、これも通称に。現在は『アマローテ』『全日本アマ』『アマチュア(アマ)選手権』等の略称も。

男子(A級)ではアマチュアポケット界7大タイトルの1つ、女子級は全国アマチュアビリヤード都道府県選手権大会アマナイン女流球聖戦とならぶ4大タイトルとして数えられる。

【参考】歴代優勝者(選手権者=A級および女子級、後ろはB級)、カッコ内は準優勝者

2016年 島田隆嗣=愛知 (小川徳郎=神奈川) 西野早苗=大阪 (太田典子=愛媛) 庄田達矢=石川 (山下達也=兵庫)

2015年 醍醐雅人=千葉 (渡辺覚=静岡) 水野早苗=大阪 (伊藤いずみ=東京)

2014年 小川徳郎=神奈川 (和田敏幸=愛知) 佐原弘子=千葉 (大塩さゆり=千葉)

2013年 木村善広=愛知 (道川浩=福井) 上栄忍=大阪 (斉田六月=栃木)

2012年 秋本真吾=静岡 (妹尾健司=愛知) 水野早苗=大阪 (和泉早衣子=静岡)

2011年 喜島安広=埼玉 (森崇=群馬) 野崎美由紀=京都 (米田理沙=神奈川)

2010年 渡辺覚=静岡 (椿眞貴人=山口) 久保田知子=大阪 (佐原弘子=東京)

2009年 林隆行=奈良 (大島知幸=兵庫) 工藤愛=北海道 (石橋絵里子=大阪)

2008年 落合健彦=神奈川 (林隆行=奈良) 高橋直子=神奈川 (熊谷歩=島根)

2007年 久保浦尚樹=愛知 (島田隆嗣=愛知) 高橋直子=神奈川 (久保田知子=島根)

2006年 青柳高士=埼玉 (冨永恵二=福岡) 辺見真紀子=大阪 (石田奈美子=愛知)

2005年 中野雅之=京都 (青柳高士=埼玉) 愛智恵美=奈良 (波多野美希=和歌山)

2004年 音田誠=鳥取 (渡部純=東京) 河原千尋=大阪 (池田真希=京都)

2003年 高野智央=神奈川 (渡部純=東京) 和田加奈子=静岡 (橋本幸代=東京)

2002年 渡部純=東京 (山之内真=兵庫) 橋本幸代=東京 (青山佳世=愛知)

2001年 永井敏史=京都 (田附裕次=三重) 小山久美=大阪 (高橋直子=神奈川)

2000年 道川浩=福井 (渡辺覚=静岡) 河原千尋=大阪 (中村美佐=東京)

1999年 鶴谷信之=大阪 (大坪和史=広島) 夕川景子=京都 (桧山京子=京都)

1998年 千葉勇人=大阪 (寄井田幸美=千葉) 藤原麻美=大阪 (夕川景子=京都)

1997年 蓮井政太=兵庫 (竹下展生=東京) 中村美由紀=京都 (長谷川梢=大阪)

1996年 竹下展生=東京 (丹羽示之=兵庫) 松葉麻代=富山 (杉原名保美=岐阜)

1995年 道川浩=福井 (坪田吉晴=福井) 長谷川梢=大阪 (梁川和恵=大阪)

1994年 川端聡=大阪  (高橋邦彦=兵庫) 梁川和恵=大阪 (御手洗公子=大阪)

1993年 河野慎也=大阪 (高橋邦彦=兵庫) 大西順子=大分 (春尾由美子=大阪)

1992年 西本博幸=北海道 (鷲尾研二=愛知) 高橋直子=神奈川 (白石恵子=京都)

1991年 寸田博章=京都 (古閑一弘=熊本) 中村美由紀=京都 (前田とも子=和歌山)

1990年 鈴木純志=京都 (横田武=大阪) 西井妃富美=京都 (前田とも子=和歌山)

1989年 谷勝司=大阪 (鈴木諭=京都) 堀之内路詠=大阪 (松下千鶴=大阪)

1988年 利川章雲=大阪 (鈴木諭=京都) 湯川富子=大阪 (西井妃富美=京都)

1987年 桧山春義=京都 (由谷修=兵庫) 宮崎佳也=京都 (竹井恵美=大阪)

1986年 三浦勝=愛知

1985年 大城勉=京都

1984年 羽根康夫=京都

1983年 浅野祥宏=京都

1982年 逸崎康成=大阪

1981年 福本康男=大阪 (高橋洋樹=東京)

1980年 渡辺俊昭=大阪

1979年 松岡昌樹=大阪

1978年 蔵之前忠勝=大阪

1977年 長谷川邦光=東京

1976年 井上淳介=大阪

1975年 後藤章二=東京

1974年 横田武=大阪

1973年 長谷川邦夫=大阪

1972年 大浜義博=広島

1971年 平井良三=大阪

1970年 平井良三=大阪

1969年 浪江隆=京都

1968年 倉田実=京都

1967年 浪江隆=京都

1966年 大橋忠雄=大阪

1965年 浪江隆=京都

1964年 岡田実=大阪

1963年 金田光日=京都

1962年 桜本守=大阪

1961年 桜本守=大阪

1960年 藤間一男=京都

1959年 大橋忠雄=大阪

1958年 桜本守=大阪

1957年 桜本守=大阪

1956年 藤間一男=京都

1955年 池田市太郎=大阪

1954年 森口信幸=大阪

1953年 丸橋清二=京都

追加情報大歓迎




最終更新日: 2016-11-27 22:57:16 閲覧件数: 63,731  

用語集

  • 総登録数 : 956

編集者トップ10

最終更新日

    2017-03-29 10:44:18

おすすめ記事