ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

ビリヲカ日記

ビリヲカスタッフが徒然なるままに綴る日記です。
ビリヤードに関するニュースから晩御飯のおかずまで。

西日本の最多ブロンズメダリストは誰!?

みなさん、こんにちは。ビリヲカ日記のお時間です。

西日本グランプリのトロフィー
西日本グランプリのトロフィー

明日は2016西日本グランプリの第1戦が大阪のマグスミノエ(予選は他複数店舗併用)で開催されます。

  

さて。

こうしたスポーツの大会では優勝回数などは頻繁に数字が出てきますが、銅メダルの数などはスルーされがちです。

今回はビリヲカが持つデータの中から、過去10年(2006~2015年)の西日本グランプリ全50戦において、もっとも多く銅メダルを獲得しているのは誰か? を抽出して、その上位陣を紹介してみたいと思います。

 

調べてみましたところ、50回中、5回以上『3位タイ』の結果を残したプロは全部で9人。ちなみに5回以上『ファイナル進出』を果たしたのは7人。5回以上『優勝』したのは4人です。

 

さて、さて。

過去10年間の西日本グランプリにおいて、もっとも銅メダルを獲得したプレイヤーは・・・

福本宇太郎プロでした。実に8度の3位タイ。

次点は7回の北谷好宏プロ。

その後ろには3位タイ入賞5回という面々がなんと7人も!

大井直幸プロや田中雅明プロ、そして鎌田充昭プロもここに入っています。

 

普段出てこないデータは、新しいことに気づかせてくれますね。準決勝で負けるのは惜しく悔しいことでしょうが、ほとんどの出場者がそこに立つことさえ叶わない舞台で、3位タイというのは立派な入賞です。

そうそう、銅メダルランキングで10位タイ(過去10年で4回)につけているのは、川端聡プロ、野田匡則プロ、そして利川章雲プロの3名です。狙ってこの記録を伸ばそうとすることはないでしょうが。


今後、3位タイに限らず、ベスト8進出率、とかそんなデータも紹介してゆくつもりです。「こんなデータが見たい」というリクエストなどもお送りいただければ可能なところから抽出したいと思います。

次回は東日本のブロンズメダリストを調べてみたいと思います。皆さんは誰が上位に来ると予想されますか?

それではまた来週!




  • 2016年2月27日(土) 14:22 by 事務局

おすすめ記事