ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

ビリヲカ日記

ビリヲカスタッフが徒然なるままに綴る日記です。
ビリヤードに関するニュースから晩御飯のおかずまで。

データから見るビリヤード王国

ビリヤードは観ても撞いても楽しいもの。そしてデータをスパイスに。

皆さんこんにちは。ビリヲカデータ分析のお時間です。

World Cup of Pool 2015 Japanese Team Naoyuki Oi & Toru Kuribayashi Photo JP Permentier

 

さてさて、先週までイギリスはロンドンで開催されていたワールドカップオブプールはご覧になられましたでしょうか?

日本代表は大井直幸&栗林達という達人・超人のコンビで、世界各国32チーム中3位タイという結果を残しました。

また結果だけでなく、明るいパフォーマンスは、ギャラリーやプロモーター、そして他のチームからも人気を集めていた様子。こうした積み重ねが後の他のトーナメントの招待へとつながることでしょう。

 

※日本戦動画まとめ(オンザヒル)はコチラ

 

さて、今日はワールドカップ過去5年のデータを元に、強豪国ランキングをつけたいと思います。イメージでなく数字で決めるので、意外なところもあるかもしれません。

それでは、発表です!

 

 

 

過去5年間の各国の勝率に基づいたトップテンを10位から順に紹介していきます。

 

10位 アメリカ 勝率0.5455 2008年にはこの大会で優勝を飾ったアメリカですが、直近5年では最高が3位入賞1度のみで、1回戦負けも2回。この順位もやむなしですね。

 

9位 日本 勝率0.5833 今年の3位入賞(勝率0.750)が寄与しての数字なので、世界チーム戦での華やかな戦績とは異なる結果と見てよさそうです。もちろんもっと上を狙える力があると信じています。

 

8位 ポーランド 勝率0.6154 2012年に準優勝。この結果が勝率で日本を上回ることとなりました。ただし過去10年で準決勝進出もこの年のみ。

 

7位 オランダ 勝率0.6667 昨年、一昨年と2年連続で決勝戦進出の強豪国。今年、日本はヒルヒルに及ぶ激闘の末にオランダを倒しています。

 

6位 ドイツ 勝率0.6923 2011年の優勝国。世界チャンピオンを多数輩出しているドイツが6位というのは意外な気もしますね。

 

5位 フィリピン 勝率0.7000 WCOP過去3度優勝のビリヤード王国。ただし今回の集計対象(過去5年)では2013年の1度のみ。※5年間で2回2チームで参戦。勝率はその総計です

 

4位 タイ 勝率0.7143 2012年を最後に出場していないタイ。スヌーカーの国かと思いきや・・・の数字ですね。2011年にオランダ、エストニア、ポーランド、台湾を破っての準優勝がこの数字につながっています。

 

3位 イギリス 勝率0.7308 ここ3年はイギリス開催のため2チーム出場しているイングランド。5年間で19勝7敗はお見事です。

 

2位 【    】 勝率0.7692 この順位をクイズにしてみます。ここ5年で優勝1回、3位タイ2回の強さはさすがの一言。この国がすぐ分かる方はマニアでしょう。

 

1位 台湾 勝率0.7778 そう、今年飾ったWCOP初制覇で見事1位に躍り出たのが強国・台湾でした。そしてヒルヒル勝率も3勝0敗の1.0000をマークしていました。

 

いかがでしたでしょう? イメージと数字は必ずしも合致するものではありませんね。

次回は日本代表選手別の勝率なども算出してみたいと思います。それではまたお会いいたしましょう!

 

 

 

※2位の国はフィンランドです




  • 2015年10月 1日(木) 13:12 by 事務局

おすすめ記事