ビリヤードウォーカー ビリヲカ コンテンツ

虚球新聞

毎日が4月1日なハッピーな人だけご覧ください。

虚球新聞2013年12月1日 (日曜日)

虚球新聞
  • 121日 日曜日 
ふーるぷーる社
編集責任者:本局報道1班

髪型規制に混乱

先ごろ日本ビリヤード強化委員会(日撞強委)が「2014年度より採用する」と発表した「頭髪に関する規定」は、相次いでその不備が指摘され修正に追われる事態となり、現場では大きな混乱をきたしている。

ポニーテール部
ポニーテールのイメージ画像



当初は「ビッグデータを解析した結果を強化策として示しただけ」と強気であった日撞強委も、反発を受けて修正を繰り返し、限られた時間の対応に追われたのか、結果として見当違いな方向へ進んでいったと見受けられる。

今回の強化策を「単なる偶然の結果論に基づいた愚行」と批判する有識者もいて、頭髪に規定を設けたこと自体に疑問の声も上がっている。

本紙特派員がまとめた一連の流れは以下の通り。



2013年11月25日 日撞強委が『女子選手はポニーテール部(日本ポニーテール協会)への入部を義務づける』と発表。

11月26日 選手会の猛反発を受けて『入部が望ましい』と規定を改定。

11月27日 同じく『ショートヘアも望ましい髪型に含む』と補足を発表。選手会はノーコメント。

11月28日 『アリソン・フィッシャージャスミン・オーシャンの髪色を推奨する』と追加の補足を発表。選手会は「キューティクルに不安」とコメント。

11月29日 同じく『ラルフ・スーケーダレン・アプルトンに倣った髪型も含む』と補足を発表。選手会は「ダリル・ピーチは該当するのか」と困惑。

11月30日 「譲歩を続けてきたが、選手会は見て倣う姿勢に欠ける」と非難する日撞強委と選手会が激しく対立。

12月1日 日撞強委は『女子選手はポニーテールまたはショートヘア、または各自が好む髪型で試合に出場することが望ましい』と規定を大幅に修正。選手会側がこれに応じる形で和解にいたる。

日撞強委のコメント「我々の分析結果が受け入れられて嬉しい。今後も強化策を積極的に講じていく」

選手会のコメント「まったく意味のない髪型の規定にあきれている」

特派員のコメント「記事を読んだ方の貴重な時間を無駄にして申し訳ない」


※過去の独占スクープや鋭く切り込んだ記事をご覧になりたい方はコチラをどうぞ

※本紙は記事作成において十分に吟味を重ねていますが、稀に誤った情報が入っている場合があります。各競技団体オフィシャルサイトやオンザヒル様、ウェブキューズ様、ビリヤードデイズ様等で念のためご確認いただきますようお願い申し上げます








おすすめ記事